Informationお知らせ

株式会社日光商事がWOTA BOXを導入し、日本初「防災特化型店舗」が誕生

 

WOTA BOX

中国・四国エリアでパチンコホール「nikko」を展開する株式会社日光商事グループは、岡山市泉田にオープンした新店舗を有事の際に地域住民が利用できる「防災特化型店舗」として設計しました。
その店舗ではインフラ機能が失われた際も地域全体で連携し助け合うことを目的として、防災設備の一環にWOTAのポータブル水再生プラント「WOTA BOX」を採用し、平時・有事の両シーンでの活用を予定しています。
災害に強いまちづくりを目指す岡山市と同社では、施設を災害時に避難拠点として活用してもらうための協定を締結しています。

株式会社日光商事 代表取締役 川井 祐介さん

同店では、災害発生から自衛隊など外部支援が見込めるまでの見込み時間、72時間(3日間)を200人が生活できる設備を整えます。2022年4月には新店舗のお披露目会と避難訓練が行われ、地域住民の方が100名以上参加。
「避難所でも温かいシャワーが浴びられるのはいいね」「学校や区役所など、地域の他の避難所にも広まってほしい」などの声が挙がりました。

株式会社日光商事の製品導入事例記事はこちらをご覧ください。
https://wota.co.jp/wota-box/case/case-20220524/

 

一覧に戻る

 

Prev