Informationお知らせ

水問題の構造的解決に挑む「WOTA株式会社」、商船三井CVC「MOL PLUS」より出資が決定

 

INFORMATION

「小規模分散型水循環システム」および「水処理自律制御技術」を開発・提供するWOTA株式会社(代表取締役・前田瑶介、以下「WOTA(ウォータ)」)は、商船三井CVCの株式会社MOL PLUS(代表:阪本拓也、本社:東京都港区、以下「MOL PLUS」)より出資を受けることが決定いたしましたので、お知らせいたします。

WOTAは、2014 年の設立以来、人類と地球の未来に関わる水問題について、その構造的な課題に目を向け、解決に挑んできました。水問題には、世界規模の水不足や水汚染、そして従来型の水インフラに係る課題があり、いずれの課題も年々深刻化しています。

WOTAは、その解決策として「小規模分散型水循環システム」を世界に普及させることを目指しております。これにより、水にまつわる根本的な社会課題のうち、次の3つの側面の解決に貢献したいと考えています。

1) 水不足への構造的解決:生活排水を小規模に効率的に再生処理・循環利用し、水資源を大切に使う社会システム・ライフスタイルの醸成

2) 水汚染への構造的解決:生活排水を資源として再利用することで、未処理の排水が放流され水汚染が生じることによる人々の健康被害や生態系の悪化を阻止

3) 従来型の水インフラに係る課題の構造的解決:従来型インフラと分散型インフラ双方の長所を活かした、持続可能な水インフラの迅速かつ柔軟な構築

この度のMOL PLUSの出資により、商船三井グループの旅客船等でのWOTA製品の活用といった商船三井グループとの事業連携を推進する他、「小規模分散型水循環システム」のプロダクト化および社会実装に共に取り組んでまいります。

【MOL PLUSについて】

スタートアップ企業への出資や協業を通じ、スタートアップ企業が持つ斬新なアイデアやテクノロジーと商船三井グループがもつリソースに相乗効果を生ませ、『海運業と社会に新しい価値をプラスする』、新規事業の創出を目指す、株式会社商船三井のコーポレートベンチャーキャピタル。中長期的な視点で、海運業のビジネスモデル変革や新規事業創出を実現し得る国内外のアーリー、ミドルステージのスタートアップ企業を中心に幅広く投資を行う。
https://www.molplus.net/

 

一覧に戻る

 

Prev Next