Newsニュース記事

新経営体制に関するお知らせ

 

NEWS

WOTA株式会社は、更なるガバナンス強化のため、2022年4月1日より2名の社外取締役を迎え、新経営体制となりますことをお知らせします。
なお、取締役を務めておりました山田 諒は、同日付をもちまして取締役を退任し、今後も弊社にて、新領域の開拓などを担当してまいります。


新経営体制(2022年4月1日付)

新任社外取締役プロフィール
孫 泰蔵(1972年9月29日生)
日本の連続起業家、ベンチャー投資家。大学在学中から一貫してインターネットビジネスに従事。その後2009年に「アジア版シリコンバレーと言えるようなスタートアップ生態系をつくる」という大志を掲げ、ベンチャー投資活動やスタートアップの成長支援事業を開始。そして2013年、単なる出資に留まらない総合的なスタートアップ支援に加え、未来に直面する世界の大きな課題を解決するための有志によるコミュニティMistletoeを設立。社会に大きなインパクトを与えるスタートアップを育てることをミッションとしている。

山田 喜彦(1951年5月11日生)
慶應義塾経済学部卒業後、1974年パナソニック株式会社に入社。2004年6月よりアメリカ松下電器株式会社 会長、2014年6月パナソニック株式会社 副社長に就任。その後、2017年より、Tesla,Inc.(テスラ)ギガファクトリー・バイスプレジデントを歴任。現在は、台湾にて電動バイクの開発/販売を行うGogoro Inc.社外取締役などに就任し、国内外のテクノロジー企業を支援している。

 

一覧に戻る

 

Prev Next