Newsニュース記事

内閣府らが共同主催する「Society 5.0科学博」にWOSHを出展

 

NEWS

東京スカイツリータウンⓇにて、7月15日(木)~7月28日(水)の2週間開催されているSociety 5.0(※1)の実現に資するあらゆる業界の最先端科学技術が集結した展示会「Society 5.0科学博」(共同主催:内閣府、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC))に、水循環型手洗い機「WOSH」を出展いたしました。

本展示会は、 第6期科学技術・イノベーション基本計画の開始年度にあわせて、 日本が目指す科学技術・イノベーションによる2030年ごろの未来社会の姿「Society 5.0」について、 日本の有する最先端かつ独創的な科学技術の展示物が総計200点以上も集結する、 未来社会を体感できる展示会です。約50の企業・大学・団体が参加し、宇宙、海洋、モビリティ、医療、製造、農業、防災、エネルギーなどの分野において、最先端科学技術や最新の研究成果が展示されています。

展示会の中でWOSHは、豊かなくらしを実現しながら地球を守るために発展する最新科学技術のひとつとして、CO2を排出しないクリーンな次世代エネルギーのアンモニア燃料電池や、 暴風時の大きなパワーを利用して発電を行う台風発電システム、 波の力をエネルギーに変える波力発電システムなどと共に展示されています。


会場内に展示しているWOSHは、水道いらずで、どこにでも設置できる手洗いスタンドです。 内蔵されているIoTセンサー、AI、フィルターによる独自の水循環テクノロジーにより98%以上の水を再生利用することができ、水道が無い場所でも電源一つで手洗いスタンドが設置出来ます。

■出展場所
ステージ3:Society 5.0の未来像(会場:東京スカイツリータウン4階 スカイアリーナ)

■サイバー展示
スマートフォンやパソコンから「Society 5.0科学博」の専用ホームぺージにアクセスしていただくことで、 本展の会場をバーチャルに再現した「サイバー展示」に参加いただくことが可能です。バーチャル展示やオンライン講演の配信は、 7月17日(土)から9月5日(日)まで専用ホームページにて実施されています。

【「Society 5.0科学博」開催概要】
■公式ホームぺージ
 
https://society5expo.jp

■期 間
2021年7月15日(木)~28日(水)一部、 9月5日(日)まで

■開催者
共同主催:内閣府、 国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)
特別パートナー:東武鉄道、 東武タワースカイツリー、 東武タウンソラマチ

■場 所
東京スカイツリータウン内各所

■料 金
無料 ※東京スカイツリー天望回廊の展示は、 別途、 展望台への入場料金が必要です。 

■内 容
会場1. Society 5.0の未来像(東京スカイツリータウン4階 スカイアリーナ特設パビリオン)
会場2. 科学技術のフロンティア~宇宙と海洋~(東京スカイツリーⓇ1階 団体フロア、 東京スカイツリータウン1階 ソラマチひろば)
会場3. Society 5.0を実現する企業(東京スカイツリー1階 団体フロア)
会場4. Society 5.0への軌跡~Society 5.0までの歩み~(東京スカイツリー天望回廊)
会場5. Society 5.0シアター(千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパス)

※1 Society 5.0:「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、 経済発展と社会的課題の解決を両立する、 人間中心の社会」

 

一覧に戻る

 

Prev Next