Newsニュース記事

全国318自治体が参加した「WOTA」のオンライン防災・BCP講座をシリーズ化。日本の防災とBCPのアップデートを目指して、自治体向け無料オンラインスクール「BB. univ」を2020年9月に設立〜withコロナ時代の防災・BCPに関する提言をまとめた書籍を2021年に出版予定〜

 

PRESS RELEASE

水循環を用いた次世代の分散型水インフラの研究開発・事業展開を手がける WOTA 株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:前田瑶介、以下「WOTA(ウォータ)」)は災害大国日本での「防災」と「BCP」のアップデートを目指した新プロジェクトを発足いたします。第一弾の取り組みとして、全国318自治体が参加した、オンライン防災・BCP講座をシリーズ化して、自治体向けの防災(Bousai)とBCPの無料オンラインスクール「B(Bousai)B(BCP) univ(以下、BB. univ)」を2020年9月7日(月)より設立することをお知らせいたします。

2020年、新型コロナウイルス感染症が猛威をふるい、人々の生活に大きな影響と変化をもたらしました。これから私たちは、withコロナ時代において「新しい生活様式」と向き合うと同時に、災害大国である日本では、いつでも起こりうる地震や台風、水害など自然災害の脅威とも向き合い、備えや対策を行っていかなければなりません。WOTAでは、これまでにも災害時をはじめ、自助・共助・公助の促進をサポートする全国自治体と連携した取り組みを積極的に行ってきましたが、さらなる協力連携やネットワーク構築を強化し、防災・BCPを強固なものにアップデートしていく必要があると考えています。

そのような考えのもと発足する本プロジェクトでは、専門家や研究者による最新理論や知識だけではなく、災害対策に向き合う自治体の現場でのリアルな経験や情報にこそ焦点を当て、現場のリアルを理論化し体系立てて、より有益で実践的な防災・BCPの対策ノウハウを構築していくことを目指しており、2021年度中には、全国自治体でどこでも誰でも活用できるwithコロナ時代の防災・BCPに関する提言書として書籍の発表も目指していきます。

本プロジェクト第一弾の取り組みとして、自治体向けの無料オンラインスクール「BB. univ」を2020年9月7日より設立します。「BB. univ」では、受講を希望する全国自治体の方向けに、2020年9月から3月末までの6ヶ月間をかけ、withコロナ時代におけるBCPの基礎理論や災害対策本部の動かし方などをテーマに、中長期のカリキュラムで防災・BCPについて、理論から実践まで体系立てて学ぶことが可能な講義をオンラインのストリーミング形式にて無料でお届けいたします。なお、講師は、官民双方で豊富な危機管理の実践経験を有し、グローバル企業で新型インフルエンザ・パンデミックの対応経験を有し、弊社総合企画室長も務める「BB.univ」学長の森が務めます。

WOTAでは、今年発生した令和2年7月豪雨を受け、避難所の衛生管理向上のため「#避難所の衛生を守れ」を掲げ、熊本県八代市、人吉市をはじめ4つの自治体の避難所に、水道がなくてもシャワーや手洗いができる WOTA 災害用パッケージ(「WOTA BOX」+屋外シャワーキット+手洗いシンクキット)を無償導入、少しでも快適に過ごせる避難所になるよう、「#避難生活に快適を」を掲げ賛同企業様のご協力のもとで日用品の物資提供などを行いました。

WOTAでは、これまでにも災害現場での復旧・復興活動で得られたノウハウ・知見を踏まえ、感染症発生期における避難所開設や運営における注意点などをテーマにオンライン講座を開催、全国の約320自治体から計380名超にご参加いただき、「このコロナで対策本部事務局を担当しているので、参考になった。」「正に今、抱えている課題に対する解決策についての説明があった。」「要点・ポイントが、わかりやすく体系的に明確に指摘され、実用性が高い」などの声を多くいただいていることを受け、このたび開催するオンラインスクール「BB. univ」では、withコロナ時代における防災・BCPの基礎理論から災害対策本部での避難所運営ノウハウまで、実際の災害現場での取り組み経験を元にお伝えをしていきます。より多くの自治体ご担当者様にご参加いただけることを期待しています。 

今後も、WOTAでは「誰でもどこでも水の自由を」の実現に向け、災害時から日常生活まで様々なシーンで世界中の人々に新しい水インフラを提案するため、プロダクト・サービスの改善に努めるとともに、研究開発・事業展開をより一層強化してまいります。

■学長 森より設立のご挨拶(約2分)

◾️日本の防災・BCPをアップデートする「BB. univ」第一回オンライン講義概要

【テーマ】
withコロナ時代における 風水害と住民避難誘導(1)情報発信編

【募集期間】2020年9月1日(火)〜2020年9月17日(木)午後6時締め切り
【視聴可能期間】2020年9月7日(月)〜2020年9月20日(日)
【視聴時間】約15分
【費用】無料
【対象者】
・都道府県知事・市区町村長様
・副知事・副市区町村長様
・各団体幹部職員の皆様
・防災・危機管理担当課長様
・財政・予算編成担当課長様

【お申込方法】
方法①:
以下のWEBフォームよりお申込みください
https://forms.gle/Sm86jfhXH7TftEvc9

方法②:
9月7日(月)に全国の自治体様に送付させて頂く予定のご案内状のお申し込み欄をご記載の上、FAXにてご返送ください。

※ご入力いただいた情報は、弊社からのご連絡のみに使用し、本人の許可なく第三者に開示・提供いたしません。

【ご視聴方法】
9月6日までに方法①で申し込まれた方:
9月7日に、ご記載いただいたメールアドレス宛に、視聴リンクをお送りいたします。
(9月7日午前10時〜9月20日午後6時まで視聴いただけます。)

9月7日以降、方法①で申し込まれた方:
フォーム記載後、その場で視聴リンクをご取得いただけます。

方法②で申し込まれた方:
お申し込みの翌営業日に、ご記載いただいたメールアドレス宛に、視聴リンクをお送りいたします。

「BB.univ」講師/学長紹介 WOTA 株式会社 総合企画室長 森 健
1966年東京都出身。開成高校・慶応義塾大学法学部卒業後、静岡県下田市役所へ入庁。静岡県庁防災局(現:危機管理部)への出向を含め、約12年間地方自治体で実務経験を積む。その後企業へ転職し、自動車部品グローバルメーカーである住友電装㈱におけるリスク管理体制の再構築や新型インフルエンザのパンデミック対応など、複数社でマネジメント職(本部長、部長、課長)を経験。2019年9月より現職。

【会社概要】
WOTA株式会社(https://wota.co.jp/
本社所在地:東京都文京区本郷四丁目12番5号
設立   :2014年10月
代表者  :代表取締役 前田 瑶介
事業内容 :水処理装置の製造・開発、アルゴリズム開発

【お問い合わせ先】
一般問い合わせ:WOTA株式会社 お問い合わせフォーム:https://wota.co.jp
メディア問い合わせ:WOTA 株式会社 広報担当:pr@wota.co.jp

一覧に戻る

 

Prev Next