WOTA CORE for Plants

AIによる水処理施設の最適化支援

“WOTA CORE”を、従来型の水処理プラント施設に応用し進化させることで、大幅なコストカットが可能です。現在、家庭排水や産業排水は、環境負荷低減のため水処理プラント施設で処理されて自然に放流されています。“WOTA CORE”を利用すれば、水処理プラント施設の運用管理コストが削減でき、生活の基礎的な負担を低減し、ビジネスの競争力を強化することが可能です。

水処理の大きな課題の1つは、運用管理の効率性です。これらの課題にもかかわらず、あまり選択肢がないのが現状です。WOTA CORE は、水処理プラント施設運営者が施設のパフォーマンス傾向を把握し積極的にプロセスを管理・改善することを可能にします。

WOTA CORE の水処理プロセス最適化アルゴリズムにより、運用効率を高めたり、プロセスを自動化して、運用管理コストを削減することができます。
・ピーク時のダウンタイムを減らし、計画通りの施設運用を維持します。
・重要な部材等の寿命を改善し、運用コストを削減します。
・最高の効率で動作するように、積極的にワークフローを調整します。

WOTA CORE は、水処理プラント施設の資源パフォーマンスをコントロールし、エネルギー効率を高め、スループットを最大化します。私たちのプラットフォームは、ディープなデータ・サイエンスによって構築され、お客様の利用によってさらに成長していきます。これより、WOTA COREは、課題と効率の改善のために、すぐに使えるソリューションとカスタムソリューションの幅広い組み合わせを提供することができます。

WOTA CORE の特徴は、既存のデータも利用し、ハードウェアの変更を最小限に抑えて導入できる、高いセキュリティ性をもつクラウドベースのプラットフォームであることです。WOTAの信頼できるソリューションと経験豊富なチームによって、貴社の水処理プラントに実装する準備は整っています。さあ、今すぐはじめましょう。