Our Team

水と人の関係を再定義すべく、WOTAは多様なバックグラウンドをもつメンバーで構成されています。 WOTAには、水、エネルギー、生物、化学、ビッグデータ解析、ソフトウェア、電気回路、機構設計、建築、都市、デザインなど様々な分野の専門家が集まっています。 家電業界、医療業界、建築業界、SIer業界、航空宇宙業界、研究機関など、メンバーの職歴も幅広く、それぞれが各業界を代表する実績や表彰経験を有しています。 年齢、専門性、キャリア、国際経験、ルーツなど、あらゆる点で様々なバックグラウンドもつメンバーで議論を重ね、新しい体験や技術を創造しているチーム、それがWOTAです。

Member

北川 力

Riki Kitagawa

石川県出身。石川高専、筑波大学、東大大学院を通して、水に関わる研究を継続。水処理技術から上下水道整備計画まで、広範な専門知識を持つ。修士課程では、これから日本が迎える人口縮小時代における下水道の財政的課題に関する研究で、論文賞を受賞する。東京大学大学院博士課程退学。修士(環境工学)。

前田 瑶介

Yosuke Maeda

徳島県出身。東大・東大院で建築学を専攻。在学中より、大手住設メーカーのIoT型水回りシステムユニットの開発プロジェクトに参加。teamLab等でPM・Engineerとして勤務し、センシングや物理シミュレーションを用いた作品・プロダクトの企画・開発に従事。建築物の電力需要予測アルゴリズムを開発・売却後、WOTAに参画。特技は阿波踊り・競技ダンス。東京大学総長賞受賞。修士(工学)。

奥寺 昇平

Shohei Okudera

千葉県出身。開成高校卒業後、東工大・東大院にてコンピュータ科学を専攻し、ビッグデータのインフラ構築技術について研究。国立情報学研究所長喜連川研出身。スローガン株式会社で長期的にエンジニアインターンに従事。日立入社後はSEとして勤務。修士(情報工学)。

山田 諒

Ryo Yamada

幼少期をシリコンバレーで過ごす。小学生時代に子ども代表として参加した世界水フォーラムで水問題に興味を持ち、大学・大学院にて環境工学、サステイナビリティ学を学ぶ。各種水処理技術・製品に対する知見、世界の水事情に対する理解があり、WOTAでは購買および開発のプロマネを担う。東京大学大学院修士課程修了。修士(サステイナビリティ学)。

森島 龍司

Ryuji Morishima

NASA JPL、米国UCLA、スイス工科大学(ETH)等の複数の欧米の研究機関において、惑星科学の研究に従事し、カッシーニ探査計画等に参加。惑星探査データ解析や惑星誕生のシミュレーションなどを得意とする。環境問題とIoTに関心が強く、2018年からWOTAにデータアナリストとして参画。博士(理学)。

徳永 聡

Satoshi Tokunaga

CASIO、モトローラーで、バーコードリーダー、無線機、携帯型液晶テレビなど、様々な製品の機構設計に従事。防水仕様や耐落下衝撃設計に実績あり。2017年、水再生装置のビジョンに共感し、WOTAに参画。装置全般の機構設計を担当。

西尾 学

Manabu Nishio

首都大学東京・同大学院修了後、日本学術振興会特別研究員として研究活動に従事後、化学メーカー・カネカの医療機部門にて研究開発業務に従事。新しいインフラを創造することに魅了され、2017年よりWOTAに参画。機械、表面科学、高分子化学等の幅広い科学技術の専門知識を活用し、研究開発等を担う。趣味はランニングで、フルマラソンサブ4ランナー。博士(工学)。

須摩 弘樹

Hiroki Suma

医療機器メーカー・アトムメディカルで電気設計に従事。人の命を守るやりがいに加え「誰も見たことのない新しい製品を作り出したい」という自分の気持ちから、2017年7月にWOTAに参画。電気回路設計を担当。

江村 祐美

Yumi Emura

広島県出身。多摩美術大学統合デザイン学科(永井一史プロジェクト)にてコミュニケーションデザインおよびグラフィックを専攻し、ビジュアルデザインを中心にUIデザイン制作に取り組み、国内のデザイン事務所や米国シリコンバレーBtrax社にてインターンを経験する。在学時よりデザインインターンとしてWOTAに参画し、デザイン全般を担当。

城 啓介

Keisuke Shiro

東大院博士課程在籍(学際情報学府暦本研究室)。遠隔コミュニケーション(テレプレゼンスロボット・ウェアラブルアバター)についての研究を行う。過去3度SXSWでの展示経験を持つ。WOTAでは、製品プロトタイピングのエンジニアリング全般を担当。

竹村 健司

Kenji Takemura

東大・東大院で建築計画学・建築意匠を専攻。在学中、建築設計実務に従事するかたわら、障がい者スポーツ施設等のユーザビリティ評価についての研究を行う。また、タクティカル・アーバニズムの文脈での活動など多方面にて活躍。ほか宇宙建築賞最優秀賞をはじめ建築設計での受賞経験を持つ。WOTAでは、UXデザイン、デザインリサーチを担当。修士(工学)。

Team Interview

Data Analyst

NASAの土星研究第一人者、地球の水問題解決を目指す

Mechanical Engineer

職人メカエンジニア、WOTAでものづくり人生の集大成を目指す

Co-founder

プロダクトによって、水と人との関係を再定義し、人々の環境問題への意識を変える

Lead of R&D

新しい水インフラの基礎を支える研究開発