2019.03.27
press release

WOTA、宇宙での水供給の実現を目指し、JAXAをはじめ30以上のパートナー企業との連携を開始


「誰でもどこでも水の自由を」を掲げ、AIを活用した水の再生利用に取り組むWOTA株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役:北川力、以下「WOTA(ウォータ)」)は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(本社:東京都調布市、以下「JAXA」)の共創型研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の取り組みの一貫として、宇宙及び地球上における食料の生産・供給に関する課題解決並びにそれに伴うマーケットの早期創出を目指す「Space Food X(スペースフードエックス)」プログラムに参画します。「サステナブルで“Well-being”な人類未来社会を実現する」というビジョンに共感する多種多様な30以上の企業・大学・研究機関・有識者等と共に、「Space Food Xイニシアチブ」メンバーとして本プログラム推進に貢献して参ります。

 

宇宙における物質循環の可能性

現在、各国の宇宙機関や民間企業において月面基地構想や火星移住構想などの検討が進められており、近い将来、長期かつ遠方での有人宇宙滞在が必要となる可能性が高まっています。月面や火星などにおける長期の宇宙生活をサステナブルに行うためには水や食料の確保が不可欠であり、現地にて少ないリソースで効率的にそれらを供給する技術が求められています。宇宙での水供給に向けては各国においても生産モジュールの検討・研究開発が進められていますが、地球上と同等の生活水準を実現する上でば開発要素や検討課題が数多く残されており、WOTAの持つ小規模の生活用水に特化した水再生・水循環技術及びノウハウの活用が期待されています。

 

 

Space Food X イニシアチブ 参画メンバー

 

【会社概要】
商号:WOTA株式会社(ウォータカブシキガイシャ)
代表者:代表取締役 北川力
所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷3-40-3 トーセービル2階
設立:2014年10月
URL:https://wota.co.jp/