2018.11.22
press release

WOTA、神奈川県との連携を発表


WOTA株式会社(本社:東京都文京区本郷、代表取締役:北川力、以下「WOTA」)は、SDGs(持続可能な開発目標)推進に先進的な取り組みを行っている神奈川県と連携し、災害用シャワーパッケージの実証導入を行うとともに、水処理施設へのAI導入の可能性について協議を開始します。

WOTAは、AI水循環システム「WOTA BOX」を利用した災害用シャワーパッケージや、水処理施設向けのAIによる最適化支援サービス「WOTA CORE for Plants」を展開しています。

今回の連携により、災害時の避難施設等におけるパーソナル水インフラの有用性やユーザビリティについての検証、水処理施設の課題についてのディスカッション等を行い、プロダクト・サービスの改善に努めるとともに、神奈川県が進めるSDGsへの取り組みに寄与していきます。

1. AI水循環システムによる災害用シャワーパッケージの概要と実証導入等

  • WOTAがAI水循環システム「WOTA BOX」を提供
  • 「WOTA BOX」は100Lの水で約100回のシャワー利用が可能、配管工事が不要
  • 災害時に避難施設等で簡便にシャワー施設を設置・利用可能(熊本地震、平成30年7月豪雨、北海道胆振東部地震で利用実績あり)
  • 県関連施設(消防学校等)で実証導入、その他イベント等で普及・発信
  • 神奈川県がJICA横浜等と連携し、海外研修生等に対する情報発信・体験においてWOTAを支援
  • 今後の量産化に向けて、神奈川県が県内中小企業とのマッチングを支援

2. 水処理施設へのAI導入の可能性に関する協議の開始

  • 水処理施設の老朽化や専門作業員の高齢化・人材不足などの課題に対して、県企業庁とWOTAで、水処理施設等におけるAI導入の可能性について、情報交換等を開始

WOTA BOX ― AI水循環システム ―
「WOTA BOX」は、シャワーをはじめ様々な水回り設備に接続可能な水循環システムです。水循環の技術により、排水をろ過して繰り返し循環させることで、100Lの水で約100回のシャワー入浴を実現したり、排水の量を通常の50分の1以下に抑えることが可能です。 配管工事が不要で電源さえ確保できれば短時間で設置して快適な水をお使いいただけるため、災害時をはじめとして活用が期待されています。 AI による水質監視・管理により、常に安全な水をご利用いただけます。

水循環システム「WOTA BOW」による災害用シャワーパッケージ

WOTA CORE for Plants ― AIによる水処理施設の最適化支援 ―
これまで水処理施設は、現場の専門作業員の方々の、長年のノウハウによって成り立ってきました。また、人口増加を前提とした水インフラ整備計画が立案・執行されてきました。一方、今後日本全国で、専門作業員の方々が高齢化・不足し、水処理施設の老朽化や人口減少が進む中、水処理施設の運営効率化や低コスト化が必要とされます。
水処理施設向けのAIによる最適化支援のための弊社サービス「WOTA CORE for Plants」によって、人材不足の解消や専門ノウハウの継承が可能です。また、水供給の安定性がさらに向上することも期待されます。

会社概要 
商号 :  WOTA株式会社(ウォータカブシキガイシャ)
代表者 :  代表取締役 北川力
所在地 :  〒113-0033 東京都文京区本郷3-40-3トーセービル2階
設立 :  2014年10月
URL :  https://wota.co.jp/

記者発表参考資料はこちら